マヤ 真澄 二 次 小説

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

紅天女の試演も終わり、晴れて紅天女の正式にな後継者となって、1年後の本公演に向けてプロジェクトを立ち上げようとした矢先、北島マヤが交通事故にあった。 舗道を歩いていたマヤにバイクが突っ込んできて、全身と頭部を強打して意識不明の重体。 医者は今夜が峠だと言う。 真澄はマヤの手を握ったまま、彼女の側から離れようとしない。 第一報を受けた時の真澄はかなり取り乱した様子だったが、病院に着いて彼女を見た時からは泣くわけでもなく取り乱すわけでもなく、ただ黙って彼女の側にいる。 こんなにも落ち着いていられるのは、もしもこのままマヤを喪うことになったら自分も生きてはいないと、真澄の心は既に決まっていたからだ。 マヤの生も死も全て受け入れる。 そう腹を括ってしまえば、取り乱し悲しむ必要などない。 かつてはマヤが他の男のものになるくらいならマヤを殺めてでも自分のものにしてしまいたいと心の奥底では願ってきた真澄だ。 鷹宮との縁談でマヤとの絆を引き裂かれた時から、常に二人の死が真澄の心の中にはあったのだ。 けれどもできることならマヤには生きて欲しい。 生きてさえいてくれればそれでいい。 それだけで・・・。 女優に戻れなくてもいい・・・後遺症が残ってしまったとしても生きてさえいてくれれば、形はどうであろうと、真澄はマヤを護り慈しんで幸せにしてやれると思った。 これまで苦しめた分だけ、彼女を愛したい。 今の真澄にはそれだけが真の願いだった。 「真澄様・・・加害者の男はやはり・・・。」 聖の報告で事故の真相が全てが明らかになった。 マヤの事故は全て鷹宮翁の差金だった事がわかった。 「・・・告発できるか?」 「金で雇われた男は金で寝返ります。」 すでに切札はこちらにあると、聖は暗に言った。 それ以外にも鷹宮を堕とすための切札が既に真澄の手中にはある。 不正会計、献金疑惑・・・。 紅天女の試演後にマヤとの人生を取り戻す事を決意してからのこの一年、死に物狂いで動いて集めた切り札(カード)だ。 そして皮肉にもマヤの事故が起きた事で、生命を賭けたこの大勝負に相応しい最強の手が揃った。 「鷹宮は、この手で潰す。 もうこのまま手を拱いてはいない。」 聖は主人の意志を確認し、己がすべき事のためにその場を去っていった。 事故から48時間が経過した。.

好きのち好き      4.

サボテン 真澄の中のマヤへの思いは、ものすごくシンプルでありながら、揺るぎのない、強い思いだったのだ。 鷹宮を潰して大都の安寧が得られたら、その後は自ら大都を去るつもりだ。 マヤを連れて何処か静かなところで二人だけで暮らしたい。 こんな状況になって、ようやく自分の気持に正直に生きられる。 真澄はマヤが事故に遭って意識不明の重体と聞いて、病院よりも先に、すぐに役所に向かった。 自分とマヤの婚姻届を提出するためだ。 もしマヤに万が一のことがあった時、戸籍上のことだけとはいえ、絶対に他人でありたくはなかった。 マヤを速水真澄の妻として逝かせたい。 そしてマヤの唯一の伴侶として、真澄自身この生涯を終えたいと考えていた。 これまでの迷いがまるで嘘みたいに 真澄は己の欲のままに行動した。 そして人口呼吸器が外されたあと、真澄はマヤの左手薬指にプラチナのマリッジリングを嵌めた。 もちろん同じ指輪が真澄のそこにも光っていた。 改まったプロポーズも結婚式も何もない結婚だが、確かに二人は夫婦になった。.

たとえこのまま目覚めなくても、マヤが生きている限りこうして触れて温もりを確かめ、愛する事ができる。 仕事や立場・・・何を棄てる事になっても、もうマヤだけは離さない。 そう決心してしまえば、こんなにも心は穏やかでいられる。 何も迷うことなどなかったのだ・・・死という形でマヤを喪うという極限の状態になって初めて気づいた。. ホーム ピグ アメブロ. 本・コミック 1. 晴れた朝 (掲載済) 2.

Re:.   : - : .

ソヤとマメ ~Soymamebean~. 春になるまでに 第1部 : 各駅停車始発駅 1. 2. 3. ) 第2部 : 通過待ち停車駅 1. 2 . 3. 4. 5. )
  • 本・コミック 1. 逃げる夏    *おまけ*
  • 恋人の糖度      前編   後編

今年最初の ガラスの仮面 映画・ドラマ 1. 気がして、8話の展開となりました。 男女の間でおこることではどちらが悪いというのはない、とはよく聞く言葉ですが、悪い人がいないのであればどうしたらみんなが幸せになる結末を迎えられるのかなと考えます。 それにしても原作の紫織さん、あそこまで突き抜けてしまったら、もうスピリチュアルな道しか残されていないような気もするのですが💦 桜小路君は、きっとずっと空気が読めません。笑 マメ子. 拍手 機器がなくなって、真澄はようやくマヤの顔をちゃんと見ることができた。 真澄は何度も何度もマヤの頬や額を優しく撫でている。 ただ、まだ安堵はできない。このまま意識が戻らない可能性は高いままだ。 それでもいい・・・贅沢は言わない。. 溶けるまで

ガラスの仮面 二次小説 キス

春になるまでに 第1部 : 各駅停車始発駅 1. 2. 3. ) 第2部 : 通過待ち停車駅 1. 2 . 3. 4. 5. ) 月を待つ ~7番目の空~  (完結済)     1. 月齢1     2. 月齢3     3. 上弦の月     4. 月齢10     5. 月齢13の幾望     6. 月齢14     7. 満ちる月 9.

眠れぬ夜に 違う空の下      前編   後編

: - : ?

~I'm all yours,and You're mine.~

機器がなくなって、真澄はようやくマヤの顔をちゃんと見ることができた。 真澄は何度も何度もマヤの頬や額を優しく撫でている。 ただ、まだ安堵はできない。このまま意識が戻らない可能性は高いままだ。 それでもいい・・・贅沢は言わない。. 彼女はシャドゥ     前編   後編   シャドゥの夜 英介の剣幕に真澄は皮肉めいた笑顔で、真澄は英介に対峙した。 「義父さんに許してもらおうなんて思っていませんよ。 誰に許されなくても、俺の気持は変わりません。 俺が赦しを請いたいのはマヤだけですから。 俺はもう俺とマヤのためだけに生きたいんだ。 もしもマヤがこのまま死んだら、俺も後を追って死にますよ。 マヤの骸と一緒に伊豆の海にでも飛び込みます。」 真澄はマヤの手の甲に口付ける。.

命の先に在るもの 夢の終わりに・・・.

渡辺絵里香     4.                  Holy Night, 5.      4.

Post navigation

本当の話 やっぱり!私は特別  (『私は特別』 No. ホーム ピグ アメブロ.

.

  • Sachiko 23.09.2021 00:17

    真澄の中のマヤへの思いは、ものすごくシンプルでありながら、揺るぎのない、強い思いだったのだ。 鷹宮を潰して大都の安寧が得られたら、その後は自ら大都を去るつもりだ。 マヤを連れて何処か静かなところで二人だけで暮らしたい。 こんな状況になって、ようやく自分の気持に正直に生きられる。 真澄はマヤが事故に遭って意識不明の重体と聞いて、病院よりも先に、すぐに役所に向かった。 自分とマヤの婚姻届を提出するためだ。 もしマヤに万が一のことがあった時、戸籍上のことだけとはいえ、絶対に他人でありたくはなかった。 マヤを速水真澄の妻として逝かせたい。 そしてマヤの唯一の伴侶として、真澄自身この生涯を終えたいと考えていた。 これまでの迷いがまるで嘘みたいに 真澄は己の欲のままに行動した。 そして人口呼吸器が外されたあと、真澄はマヤの左手薬指にプラチナのマリッジリングを嵌めた。 もちろん同じ指輪が真澄のそこにも光っていた。 改まったプロポーズも結婚式も何もない結婚だが、確かに二人は夫婦になった。. スキップ チャ・チャ・チャ  (完結済)     1. 放課後スキップ     2. デートでタップ     3. 蜂蜜ステップ     4. 幸せなら手をたたこう 8.

  • Ryo 28.09.2021 16:44

    管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます. 晴れた朝 (掲載済) 2.

  • Arisu 28.09.2021 23:52

    月を待つ Dear マメ子さま 素敵なお話の数々をどうもありがとうございます。 マメ子様の余りある才能をガラカメ創作に発揮していただき、それをネットにて惜しげなく公開してもらい、想像力がゼロで文章力がマイナスの私はひたすら感心するばかり、感謝で一杯です。 私はシドニーに住んでますが、45巻は日本の友人に頼んで送ってもらうことにしました。 都会まで行けば紀伊国屋さんもありますが、そうかー、その手を思いつきませんでした。 ところで、あのー、「月を待つ」の第7話を、すごーく楽しみにしています。 昨日まで欧州に出張に出かけていましたが、ほぼ毎日、一日の終わりに遅々としたネットでガラカメワールドを辿り、仕事の緊張をほぐすのが日課になってました。 (シドニーも決して早くはありませんが) マメ子さんのサイトにもいつもお邪魔させていただき、次々と生み出される新ネタに胸を躍らせつつ、「月を待つ」はまだなかぁと、そんなマメ子さんのファンの声をお届けしたく、メールさせていただきました。 どうか、ストレスに感じられないよう、でも、楽しみに待っててねと、励みにしていただければ幸いです。 ではまた.