バララークセイ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン." />

大和型 空母 戦艦

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

機密保持は同盟国である独伊相手にも徹底していた。ドイツ側の 駐日武官 は日本がドイツ側の 海軍工廠 視察要求を拒否したため、ドイツも日本の海軍武官の視察を拒否すべきであると、本国に要請していた。. 当時は溶接技術での造船能力はまだまだ低かったのですよ。 大和ではなく、工期短縮のため電気溶接で建造した潜水母艦「大鯨」が有りましたが、建造中に溶接の際に発生する熱で船体が大きく歪んでいったって事が起きています。その修正のために船体を一度3分割切断してリベットで再接続したが、それでも歪みが出たそうです。.

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

大日本帝国海軍 の 戦艦 ・ 巡洋戦艦. 第号艦は 年 (昭和18年)10月進水、 年 (昭和19年)4月主砲積込み、 年 (昭和20年)3月末の完成を目指し工事が進められていた [60] 。だが、艦底防御の計画変更などにより建造工程は遅れ気味であった [61] 。建造中、アメリカとの開戦が決定的となった。 年 (昭和16年)11月、戦艦を含めた艦艇建造計画の見直しが行われ、潜水艦と航空機の生産優先が決定し、大型艦の建造が中止となる [62] 。 第号艦 はミッドウェー海戦後に正式に建造中止となり即時解体 [63] [39] 。後日、資材や艦体の一部は 伊勢型戦艦 2隻( 伊勢 、 ドラクエ8装備一覧 )の 航空戦艦 化 [64] 、ドイツ客船シャルンホルスト(空母「 神鷹 」)の空母改造工事に利用された [65] 。甲鉄のうち製造済みのものは横須賀に運ばれ、号艦にも利用されたという s&mシリーズ 。.

金剛 比叡 榛名 霧島. 伊勢 日向. 第二復員局 がまとめた資料では、号艦の起工日は 年 (昭和15年) 4月7日 となっている [7] [8] 。. 長門型戦艦は三万二千メートルの射撃を行い12パーセントの命中率を得て、海軍は同戦法に強い自信を持っていた。 [] 他の戦艦も高い命中率を発揮した。.

2278. 54471845, 41,m 1642. km B [] 1128 830 [] 848 [] [] 4 [] 19 [] 大和型 空母 戦艦 [] [] 104513,m [] [] [] [] [] 1130 [] .

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 鳳翔 龍驤 蒼龍 飛龍 大鳳.
  • ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.
  • 改装時にはすでに大和型戦艦としての基礎ができあがっていたため、機関配置や予定機関出力は同型艦と全く同じであった。 プロペラ の回転数も同じ設定であったが、大和型戦艦のプロペラは直径5mだったのに対して信濃のものは直径5.

「長門」と比べて装甲の厚さ1.3倍

改大和型戦艦 及び 超大和型戦艦 (共に建造中止). 改装時にはすでに大和型戦艦としての基礎ができあがっていたため、機関配置や予定機関出力は同型艦と全く同じであった。 プロペラ の回転数も同じ設定であったが、大和型戦艦のプロペラは直径5mだったのに対して信濃のものは直径5. 午後10時、艦隊の先頭にいた浜風は前方6,mに並走するマスト2本の水上目標を発見する [] 。同艦は増速すると距離3,mまで接近して照準を定めたが、信濃は「引き返せ」と命じた [] 。これは「護衛艦は敵潜水艦を深追いして直衛に隙間をあけない」という事前の取り決めによるものだった [] 。午後10時45分、信濃は右舷前方に浮上した潜水艦を発見し、誰何信号を送った。アーチャーフィッシュも信濃のマストに10秒秒秒という赤色発光信号を確認し、護衛駆逐艦の攻撃を予想して乗員が不安を感じたとしている [] 。浜風・雪風は砲撃態勢をとったが、阿部艦長は所在の暴露を恐れて発砲を許可しなかった [] 。この頃信濃艦内では、乗組員に 汁粉 ( ぜんざい )が配られていたという [] [] [] 。上甲板、艦中央部にあった通信室では、通信科の下士官兵達が オーストラリア の メルボルン から発信される日本語の 対日プロパガンダ放送 を聴いて楽しんでいたとする主張もある [] ブリーチ 一角. また横須賀海軍砲術学校で教育された第一期特年兵が戦艦「武蔵」に配属になる際、「武蔵乗組みを命ず」と面前で紹介され、特年兵同期生達がどよめいたというエピソードが残っている [] 。砲術学校志望者が、第一から第三希望まで全て「大和」で統一した例もある [] 。この横須賀海軍砲術学校では、年に 源田実 が来て高等科生らに航空講義をした際、「 万里の長城 」「 ピラミッド 」「大和、武蔵」は世界の笑い物だと発言し、教頭だった 黛治夫 が源田に詰め寄る一幕もあった [] 。源田は大和型をスクラップにして空母にすることを主張したが、大和型から大型空母に改造された 信濃 は、横須賀から呉への航海途中に米潜水艦の雷撃をうけ、完成から20日で沈んだ。.

大和型には被弾時に於ける浸水や対応として急速注排水区画と通常注排水区画を多く設けた。それぞれの注水区画は前部・中部・後部の注排水管制室で管理され、艦中央部下甲板の注排水指揮所が掌握している [] 。注排水指揮盤を見ながら油圧でコントロールされたバルブを遠隔操作することにより、迅速に注水が実施できた [] 。潜水艦の浮力タンクの注排水システムを大型化したものが採用され、取水孔は艦底に6箇所設置された。排水には蓄圧された圧縮空気が使用された。想定では、潜水艦・水雷戦隊の大型魚雷1本命中に対し5分以内に傾斜復旧、2本目の魚雷命中でも30分以内に復旧というものである [] 。注排水区画の注水可能量は3,トンで、横傾斜復原能力は 大鷹 雲鷹 冲鷹 神鷹 海鷹.

  • 海上護衛総司令部 では、信濃被雷を受けて大阪警備府や各地港湾部に曳船の手配をはじめたが、関西地方から信濃被雷地点まで海里(約km)もあり、すぐに到着できる状況ではなかった [] 。信濃は随伴2隻(雪風、浜風)に対し「傾斜のため運転不能」と発信、曳航を命じた [] [] 。海水を使用してボイラーを炊くことも検討されたが、一度海水を使うと、補修に多大な手間と時間がかかるため、見送られた [] 。艦前部にある予備真水タンクは、パイプが切断されており、役にたたなかった [] 。阿部艦長は工廠関係者を飛行甲板にあげるよう命じたが、「工廠関係者飛行甲板(「工廠の工員、上甲板」とも)」の命令が、伝令により「総員飛行甲板(総員上甲板)」と誤って伝わり、混乱を招いた [] [] 。一方、この命令誤認のため、艦底にいた応急作業員や機関科兵が脱出できたという一面もある [] 。機関科分隊長の三浦治は、機関科への退避命令は、左舷罐室への注水と傾斜復元も意図していたとみられると語っている [] 。. 鳳翔 龍驤 蒼龍 飛龍 大鳳.
  • 当時の日本海軍の造船官、 平賀譲 と 藤本喜久雄 の間には確執があり、大和型戦艦の設計過程にも大きく影響している [] 。この中で、平賀の意見が強まったことで大和の性能を不当に低く設定してしまったという批判が 遠藤昭 などからなされている [73] 。藤本の技術的革新主義が、友鶴事件、第四艦隊事件の他、溶接技術の未熟(機関製作にも溶接は重要な要素技術である)、高圧蒸気の扱いや大トルクの減速歯車技術等の未熟、ディーゼルの失敗などで否定されてしまい、造船官の権威を失墜させた以上、設計が平賀的(保守的)なものに回帰したことは大和型にはプラスに働いたという評価もある [注 17] 。平賀は大和型の計画と建造と平行して進んでいた「臨時艦艇性能改善調査委員会」の席上、西島亮二に対しても「艦体が折れたのは、電気溶接を無闇に使用したからだ」などと批判し [] 、年1月には「船体構造電気溶接使用指針」を発行、この文書は使用箇所を構造強度の根幹に関わる部分に使用しないよう指定する内容であった。溶接推進派の造船官の一人、福田烈に対しては技術が進歩すれば溶接を使っても良い旨語っており、また、福田との議論の中で「残留応力の面から不当の判決を受けた」「終いには溶接の性質をよく理解され、溶接に対する考え方が変わられた」といった平賀自身の考え方の推移も証言されている [] 。.

128 [61] [67] 1710 [68] 423 [69]. 130 - 2 [] 90 []. 46cm 145 [83] [85] [86] 1025 76 .

薩摩 安芸. 大和は建造中にいくつかの対魚雷防御の提案があったが却下されている。大和の副長と砲術長を務めたことのある 黛治夫 は艤装中に、艦前部の無防御部に重油の液層を設け、38mmの縦隔壁で補強を実施するように進言をしたが、呉海軍工廠造船実験部長 矢ヶ崎正経 造船少将は、6ヶ月の工期延長が必要と見積り、実行不能と判断したと言う [] 。また黛はドイツ巡洋戦艦「 ザイドリッツ 」の戦訓をふまえて、大和の前部に、スポンジもしくはバルサや桐、標的艦「摂津」で実用された防水区画に石油缶を詰める等、各種浮力材を充填する案を提案したが、これも却下されている [] 。牧野茂は深く研究することなく拒否したことを後に反省し、重量犠牲を払っても検討すべきだったと述べている [] 。. 第号艦は 横須賀海軍工廠 に 第六船渠 を新造し、そこで建造されることが決まった [48] 。大和型戦艦の排水量は7万トンを超える。このクラスの超大型艦が合計4隻も建造される予定に対して、将来的に発生するであろう修理・改造工事に使用可能なのが呉にある1つの 船渠 (ドライドック)だけでは順番待ちなどの恐れが生じることや、横須賀を呉に並ぶ海軍の重要拠点としたいという意向があったため、姉妹艦の武蔵(長崎、三菱重工)のように船台での建造を選ばず、大和型戦艦用の第6船渠を新たに作る事になった [49] [50] 。当時の横須賀最大のドックは、 長門型戦艦 2番艦「 陸奥 」が建造中に入渠した第5船渠だった [51] 。2年3ヶ月の期間と約1,万円(当時)の費用をかけて全長m、全幅62m、深さ18mのドックが完成した [52] 。この時に排出した土砂は、隣接していた海軍砲術学校の海岸埋め立てに使用され [53] 、広いグラウンドとなった。.

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.

[90] 925. [] [] [] 20.

またトラック泊地では内火艇が迎えに来る際、内火艇の水兵が大声で「武蔵乗組みの者はいないか!」と怒鳴っていたという [] 。ここでは「大和農園」や「武蔵農園」があり、下士官兵が カボチャ や キュウリ といった野菜を作っていた [] 。. 大和型戦艦の船体は、舷側上部はmmのVH(ヴィッカース非滲炭)甲鉄、舷側下部は50 - mmのNVNC(新ヴィッカース非滲炭)甲鉄、甲板は - mmのMNC(モリブデン含有)甲鉄で覆われていた。また砲塔前楯及び バーベット 部はmmのVH甲鉄(ただし大和型砲塔用の装甲に関与した、 佐佐川清 元技術大佐はmmと証言。設計図では、露出バーベット部はmmVH、艦内部分はmmVH [] )、天蓋はmmである。これは全ての軍艦の中で、最も強固な直接防御である。VH甲鉄は長門型まで用いられてきたクルップ式浸炭(炭和)甲鉄 KC にかわって採用されたもので、炭素ではなく窒素を使って甲鉄の表面を硬化させている。浸炭甲鉄より撃力に対して優れているとされ、ヴィッカース式硬化甲鉄の頭文字をとってVHと呼ばれる。なお、VH甲鉄の意味はKCに対して生産性が向上していることにある。.

終戦直後、沈没地点は 志摩半島 の西南2マイルの沖合と推定されており、 連合国軍最高司令官総司令部 の許可さえ得られれば、引き揚げは比較的容易であると考えられていた。 年 10月には、連合国軍最高司令官総司令部から 大蔵省 へ艦体が返還されるとの話がもちあがり、 東海財務局 が水深調査などの引き揚げ準備を始めたことがあった [] が実現することは無かった。. Dulin, Jr. 鉄道運行情報(外部サイト) 武蔵野線で人身事故 運転再開 武蔵野線で人身事故 運転見合わせ 京王相模原線で人身事故 アイビス クリッピング 薄い 京王相模原線で人身事故 一部運転見合わせ 京阪本線・中之島線で人身事故 運転再開. 水密区画数は 扶桑型戦艦 の区画、 長門型戦艦 の1,区画に対し1,区画と [] 、排水量の増加の割に区画数は増えていないが [] 、これは長門型においては大改装時にダメージコントロールの思想が取り入れられたのに対して、本型は設計時点から検討され、注排水システムも装備したためである(注排水システムについては後述)。また主要防御区画も最小限にまとめられ、そこだけで必要浮力が確保できた [] 。主要防御区画以外がすべて破壊、浸水しても、なお艦舷が水面上を保つということである [] ( リドルド状態 も参照)。.

1,1, [] [] [] []. [] 12325 665. 1010. [] [73] [ 17] [] 1 [] .

この装甲板の出自はというと、太平洋戦争終結時に呉海軍工廠亀ヶ首射撃場に残されていた試験用のものです - 敗戦豚は読解すらないの?. 富士 八島. なお、低速のため空母機動部隊と随伴できないという批判だが、大和竣工時に日本機動部隊の主力であった 赤城 は

[] []. kgkg90kg60kg45cm [] kgkg 54kg 60kg 36 [] [25] .

  • Maki 27.08.2021 21:14

    リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. tags: ミリタリー , 船 , 艦艇(軍艦) , 戦艦 , 大和 , 旧日本海軍.

  • Taishiro 28.08.2021 03:52

    続く ガダルカナル島 をめぐる ソロモン諸島の戦い において、アメリカ軍は ノースカロライナ級戦艦 や サウスダコタ級戦艦 を始めとするありとあらゆる軍艦を投入したのに比べ、海軍は高速ではあるが旧式の 金剛型戦艦 のみを投入し、新鋭戦艦たる大和型は温存された。年当時の日本は資源輸送に使用すべきタンカーまでも海軍作戦に使用したが、ミッドウェー海戦での浪費などもあって、 大和型戦艦を動かす燃料までは確保できなかった [ 要出典 ] 。大和と武蔵は、激戦が続くソロモン海に出撃できなかったため、他艦の乗組員からは「 大和ホテル 」「 武蔵御殿 」と揶揄された。年9月18日には「大和」「 陸奥 」が前進部隊の補給艦「健洋丸」にそれぞれ4,トン、さらに2隻に燃料補給を行った。同11月9日にも「大和」「陸奥」は出動部隊に米麦を提供している。.

  • Mizuki 28.08.2021 16:29

    宿毛湾 沖標柱間にて公試中の大和 年10月30日撮影.