うえきの法則 犬丸 セリフ

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

火野国中学一年の13歳で、7月4日生まれのA型。 後に人間ではなく、天界人である事が明らかになる。 普段はボーっとしているが、要所では自己を顧みず正義を貫く。 その理由は、幼い頃小林に助けられ、そのときから彼のような人間になりたいと思ったからである。 彼の言う正義とは、ロベルトの「人間は弱虫で臆病だ」という言葉に対する反論の「人間は弱いかもしれない、でも他人の為に自分の中の弱さに打ち勝って強くなれる」ことである。 その言葉通り危機に陥った他人に対しては、例えその瞬間戦っていた敵ですらも、自分の危険を顧みず助けてしまう。 途中で勉強の才を失ったにもかかわらずバトルのセンスには目を見張るものがある。 しかし、その性格ゆえに、正義の為に才が失われることも厭わず能力を使い、よく才を減らしてしまう。 他の能力者が何十、何百と才を持っている中、植木の才は当初から10前後という圧倒的に不利な状況であった為、ほかの能力者から弱くみられ、よく狙われた。 また、植木が先天的に持っていた才(例えば走りの才)を失ったとしても、努力でそれを補おうとしていて、それも一種の才かもしれない。 有する能力は「ゴミ」を「木」に変える能力。 出せる木は植木のイメージによって様々な種類、形状になる。 また、植木の神器は能力と一体化した「木の神器」であるが、植木の能力はゴミを木に変えるだけでなく、その木の一部をゴミにしてまた木にできると言う特性を持ち、他のAをBに変える一方通行の能力とは違いサイクル(アニメではリサイクルと呼ばれた)している。 その為、神器は通常一度に一つしか出せないのに対し、この木の神器は手の中で一つのゴミから生まれた神器をゴミとして別の神器を出すという方法で複数同時に出すことが出来るという特徴を持つ。 絶え間ない努力の果てにレベル2に到達、BをAに変えるサイクルを相手の能力にも及ぼすことで、木に相手の能力を元に戻す超能力=リバース(回帰)を付属させる事ができるようになる。 自分が出した木にさえ触れさせられれば、どんな能力もAに戻すことが可能。 非常に有用であるが、習得した時期があまりにも遅かったため劇中でも数回しか使用されなかった。 限定条件:両掌で覆える大きさのゴミだが、実際にはゴミでなくとも、本人がゴミと認識したものなら何でもよい。.

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ. と思わせる描写がある)、踏切の線路に足を挟んだ老婆を助けようと駆けつけた春子が「私、看護師を目指して勉強しているんだ。孫と喧嘩しても、明日には仲直りできているかもしれないじゃん」という言葉に心打たれて、「神が人間の生命に関わる運命に介入してはならない」という掟を破り、2人を救出(このことで天界から罰を受ける破目になった)。その後、彼女からサングラスをもらい、お返しに十字架のピアスを彼女にプレゼントした。この出来事がきっかけで、十数年後に開催される「能力者バトル」を考案するに至った。 偽マーガレット との戦いで、春子の影響による言葉「 今を楽しく生きるためには未来が必要だ 」と主張し、壮絶な対決の末に偽マーガレットが「未来」の概念を受け入れたことで「守人の末裔たちの運命の解放」に一矢報い、ピリオドを打った。それを前後してアノンに快刀乱麻(ランマ)で不意打ちされた上にに取り込まれ、四次選考を乗っ取られてしまう。 最終的に植木がアノンに勝利したことで解放され、能力によって削られたロベルトの寿命をある程度元に戻した。植木達の勝利に伴い、一番能力を伸ばした植木に「空白の才」を贈呈する。また、植木達の次世代の神に満場一致で 犬丸 を指名し、犬丸に神の座と「亜神器・天地創造」を贈与する( 淀川 を神補佐に任命したかは不明)。引退後は入院し、神補佐(神の遣い)と共に偽マーガレットがアノンと共に地獄に強制送還される前に「本名ぐらい名乗っていけばいいものを……」と名残惜しそうにつぶやいていた。.

と思わせる描写がある)、踏切の線路に足を挟んだ老婆を助けようと駆けつけた春子が「私、看護師を目指して勉強しているんだ。孫と喧嘩しても、明日には仲直りできているかもしれないじゃん」という言葉に心打たれて、「神が人間の生命に関わる運命に介入してはならない」という掟を破り、2人を救出(このことで天界から罰を受ける破目になった)。その後、彼女からサングラスをもらい、お返しに十字架のピアスを彼女にプレゼントした。この出来事がきっかけで、十数年後に開催される「能力者バトル」を考案するに至った。 偽マーガレット との戦いで、春子の影響による言葉「 今を楽しく生きるためには未来が必要だ 」と主張し、壮絶な対決の末に偽マーガレットが「未来」の概念を受け入れたことで「守人の末裔たちの運命の解放」に一矢報い、ピリオドを打った。それを前後してアノンに快刀乱麻(ランマ)で不意打ちされた上にに取り込まれ、四次選考を乗っ取られてしまう。 最終的に植木がアノンに勝利したことで解放され、能力によって削られたロベルトの寿命をある程度元に戻した。植木達の勝利に伴い、一番能力を伸ばした植木に「空白の才」を贈呈する。また、植木達の次世代の神に満場一致で 犬丸 を指名し、犬丸に神の座と「亜神器・天地創造」を贈与する( 淀川 赤い腹掛けをした、昔話の主人公. Anime-manga Ranking アニメ・漫画(マンガ)ランキング.

Anime-manga Ranking アニメ・漫画(マンガ)ランキング. 神様の勧誘により募集された人の天界人で、選考・審査などは神様の気まぐれで行われる。 選ばれた者たちは能力者バトルに関わる特定のルールが課され、これらに違反した者は地獄行きとなる。 ただし、地獄に行った天界人でも神候補の権限は与えられる。 これは、神候補の地獄行きにより人手不足となるルールミスに気付いた神が後から追加した。 神候補は、一人につき一つの能力を与えることが出来る。 1人の能力者に2人の神候補が力を与えることは最上級のルール違反にあたり、逆に1人の神候補が2人以上に能力を与えることも同様の違反に値する。.

天界に住む天界力を食べる獣。 元々は天界人を襲い喰らう天敵であったが、現在は品種改良によって小型化され、ペットにされている。 天界人のレベルである"星"を計る十の目と、天界人をうまい餌に育て上げる覚醒臓器(その中で特訓をすると通常より遥かに早く星を上げられるが、特訓を24時間経ってもクリア出来ないと消化されてしまう)を持っている。 また、治療獣と呼ばれる回復用の獣や、バリアを出すこともできる。人間を傷つけることは出来ず、もし傷つけてしまうと天界獣は消滅してしまう(天界人が相手なら大丈夫らしい)。 また、天界人の星を七つ上げた時点で死んでしまう。 現在の天界獣は小型であるため覚醒臓器が使えない。. タグ - Tags The Law of Ueki うえきの法則 福地翼.

StayHome Fate Fate. 55 2530. Anime-manga Ranking. FAIRY TAIL.

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ.
  • 神様 うえきの法則.
  • 火野国中学一年の13歳で、7月4日生まれのA型。 後に人間ではなく、天界人である事が明らかになる。 普段はボーっとしているが、要所では自己を顧みず正義を貫く。 その理由は、幼い頃小林に助けられ、そのときから彼のような人間になりたいと思ったからである。 彼の言う正義とは、ロベルトの「人間は弱虫で臆病だ」という言葉に対する反論の「人間は弱いかもしれない、でも他人の為に自分の中の弱さに打ち勝って強くなれる」ことである。 その言葉通り危機に陥った他人に対しては、例えその瞬間戦っていた敵ですらも、自分の危険を顧みず助けてしまう。 途中で勉強の才を失ったにもかかわらずバトルのセンスには目を見張るものがある。 しかし、その性格ゆえに、正義の為に才が失われることも厭わず能力を使い、よく才を減らしてしまう。 他の能力者が何十、何百と才を持っている中、植木の才は当初から10前後という圧倒的に不利な状況であった為、ほかの能力者から弱くみられ、よく狙われた。 また、植木が先天的に持っていた才(例えば走りの才)を失ったとしても、努力でそれを補おうとしていて、それも一種の才かもしれない。 有する能力は「ゴミ」を「木」に変える能力。 出せる木は植木のイメージによって様々な種類、形状になる。 また、植木の神器は能力と一体化した「木の神器」であるが、植木の能力はゴミを木に変えるだけでなく、その木の一部をゴミにしてまた木にできると言う特性を持ち、他のAをBに変える一方通行の能力とは違いサイクル(アニメではリサイクルと呼ばれた)している。 その為、神器は通常一度に一つしか出せないのに対し、この木の神器は手の中で一つのゴミから生まれた神器をゴミとして別の神器を出すという方法で複数同時に出すことが出来るという特徴を持つ。 絶え間ない努力の果てにレベル2に到達、BをAに変えるサイクルを相手の能力にも及ぼすことで、木に相手の能力を元に戻す超能力=リバース(回帰)を付属させる事ができるようになる。 自分が出した木にさえ触れさせられれば、どんな能力もAに戻すことが可能。 非常に有用であるが、習得した時期があまりにも遅かったため劇中でも数回しか使用されなかった。 限定条件:両掌で覆える大きさのゴミだが、実際にはゴミでなくとも、本人がゴミと認識したものなら何でもよい。.

目次 - Contents

目次 [ 非表示 ]. 天界人 てんかいじん. うえきの法則(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ. アルコアンドピース 忍者の巻物 選ばれた者たちは能力者バトルに関わる特定のルールが課され、これらに違反した者は地獄行きとなる。 ただし、地獄に行った天界人でも神候補の権限は与えられる。 これは、神候補の地獄行きにより人手不足となるルールミスに気付いた神が後から追加した。 神候補は、一人につき一つの能力を与えることが出来る。 1人の能力者に2人の神候補が力を与えることは最上級のルール違反にあたり、逆に1人の神候補が2人以上に能力を与えることも同様の違反に値する。.

Prev 1 2 3 4 5 6 Next 前のページ. Anime-manga Ranking アニメ・漫画(マンガ)ランキング.

326O 4 2. ""24. [ ]. - Tags The Law of Ueki. 31224AB 1m. Anime-manga Ranking !

タグ - Tags The Law of Ueki うえきの法則 福地翼. 天界人とは古くからの因縁があり、かつては互いの領土を奪い合う敵対関係だった。 神器の様な特殊能力は持っていないが、それを補って余りある超身体能力を持つ。 現在は守人の一族を除いて、天界とは不可侵条約(地獄人が天界へ入ると、地獄界へ強制的に送還される)を結んで和解している(もめごとをなくすため、不可侵条約は継続されている)。 守人以外の地獄人(看守など)は、妙なスーツ(というより着ぐるみ)を着て登場している。. Home アニメ・漫画(マンガ) うえきの法則(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ 4ページ目.

と思わせる描写がある)、踏切の線路に足を挟んだ老婆を助けようと駆けつけた春子が「私、看護師を目指して勉強しているんだ。孫と喧嘩しても、明日には仲直りできているかもしれないじゃん」という言葉に心打たれて、「神が人間の生命に関わる運命に介入してはならない」という掟を破り、2人を救出(このことで天界から罰を受ける破目になった)。その後、彼女からサングラスをもらい、お返しに十字架のピアスを彼女にプレゼントした。この出来事がきっかけで、十数年後に開催される「能力者バトル」を考案するに至った。 偽マーガレット との戦いで、春子の影響による言葉「 今を楽しく生きるためには未来が必要だ 」と主張し、壮絶な対決の末に偽マーガレットが「未来」の概念を受け入れたことで「守人の末裔たちの運命の解放」に一矢報い、ピリオドを打った。それを前後してアノンに快刀乱麻(ランマ)で不意打ちされた上にに取り込まれ、四次選考を乗っ取られてしまう。 最終的に植木がアノンに勝利したことで解放され、能力によって削られたロベルトの寿命をある程度元に戻した。植木達の勝利に伴い、一番能力を伸ばした植木に「空白の才」を贈呈する。また、植木達の次世代の神に満場一致で 犬丸 を指名し、犬丸に神の座と「亜神器・天地創造」を贈与する( 淀川 を神補佐に任命したかは不明)。引退後は入院し、神補佐(神の遣い)と共に偽マーガレットがアノンと共に地獄に強制送還される前に「本名ぐらい名乗っていけばいいものを……」と名残惜しそうにつぶやいていた。.

1374A 10 AB 2BA A. 55 2530 ? 188A 32 …. "" 13 .

と思わせる描写がある)、踏切の線路に足を挟んだ老婆を助けようと駆けつけた春子が「私、看護師を目指して勉強しているんだ。孫と喧嘩しても、明日には仲直りできているかもしれないじゃん」という言葉に心打たれて、「神が人間の生命に関わる運命に介入してはならない」という掟を破り、2人を救出(このことで天界から罰を受ける破目になった)。その後、彼女からサングラスをもらい、お返しに十字架のピアスを彼女にプレゼントした。この出来事がきっかけで、十数年後に開催される「能力者バトル」を考案するに至った。 マジカルハロウィン 曲 カラオケ との戦いで、春子の影響による言葉「 今を楽しく生きるためには未来が必要だ 」と主張し、壮絶な対決の末に偽マーガレットが「未来」の概念を受け入れたことで「守人の末裔たちの運命の解放」に一矢報い、ピリオドを打った。それを前後してアノンに快刀乱麻(ランマ)で不意打ちされた上にに取り込まれ、四次選考を乗っ取られてしまう。 最終的に植木がアノンに勝利したことで解放され、能力によって削られたロベルトの寿命をある程度元に戻した。植木達の勝利に伴い、一番能力を伸ばした植木に「空白の才」を贈呈する。また、植木達の次世代の神に満場一致で 犬丸 を指名し、犬丸に神の座と「亜神器・天地創造」を贈与する( 折り紙 インコの折り方 を神補佐に任命したかは不明)。引退後は入院し、神補佐(神の遣い)と共に偽マーガレットがアノンと共に地獄に強制送還される前に「本名ぐらい名乗っていけばいいものを……」と名残惜しそうにつぶやいていた。.

中学1年生で、5月5日生まれのO型。 大変ズル賢く人を騙すのがうまいが、心優しい性格で孤児院「たいようの家」の子供達からは「ズル兄ちゃん」と呼ばれとても慕われている。 口癖は「ぶっちゃけ」。 初代担当神候補のネロが自分を助けて地獄に堕ちたため、ザックが2代目担当神候補となる。 しかしザックは悪人だったために協力するのを嫌い、なおかつ能力者になったのはネロのためであり、空白の才に興味が無かったため戦いを極力避けていた。戦闘能力そのものは低く(ザックも「あいつは弱い」と明言した)、作中で対戦相手をバトルから脱落させたことはない。 二次選考直前にザックが他のチームを使い、たいようの家を破壊しようとしたため植木と共にそれを阻止。 その後「優勝したチームのメンバーの中から神候補を多数決で選ぶ」というルールを利用しネロを助けられると知り植木チームに加入した。 トリッキーな戦いを得意とする。カンチョー、醤油を目にかける、山葵を鼻に突っ込むなどの戦法は、セコいながらも精神的ダメージは絶大で、鈴子曰く「二度と相手をしたくない」という噂が十団内で流れていたらしい。 ネロからは「根っからのビビリだが、いざと言う時には人のために命をかけられる目をしている」と評されており、窮地に陥った際、佐野から逃がされるたが、引き返し、窮地に陥っていた佐野と森を助けた。 最終戦ではアノンを恐れて逃げ出そうとしたが、思い直して戦場へ戻るのだが、その行動が結果的に植木の命を救うことになり、仲間内では密かに英雄扱いされているが本人の知るところではない。 有する能力は「声」を「似顔絵」に変える能力。 声を似顔絵に変えて壁などに貼り付けられる。 似顔絵は自分を中心とした半径10m以内ならば、動物の体内を含めたどのような面にでも貼り付けられ、敵を撹乱するのに役に立つ。 また、似顔絵の色も自由に選ぶことが出来るため、壁などに同化させることも可能。 限定条件:似顔絵一枚につき、手足のどれか一本の指を曲げている間のみ持続し、最大20枚まで貼り付けられる。.

Home アニメ・漫画(マンガ) うえきの法則(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ 4ページ目. ファンキーファッションとその態度から、「本当に神様なのか?」と疑われるほどの物臭ぶりを露わにしているが、実は30歳の時、先代の神から自身の才能に肩入れされて神に就任したという経歴を持つ。 偽マーガレット いわく、「歴代の神の中で策略家にしてお調子者」とのこと。また、能力者バトルの主催者だけあって、万が一に死亡者を出さないために「天界人の参加」を保険の意味で数人参加させることを黙認したり、 ロベルト・ハイドン の削られた寿命を元に戻す能力を兼ねていることからも抜け目がない。ただ、自身がスカウトした神候補がルールを破り地獄に落ち、残された能力者の神候補の補充に苦労するところを見落としていたことが欠点だったが、植木の提案で「地獄に落ちた神候補を獄中で再度復帰させる」という意見を受け入れ、特例により、犬丸を佐野清一郎の神候補として存続させたなど、柔軟性がある(実は地獄に落ちた神候補たちの中から一人神にならなければ全員死刑という末路が待ち受けているため、敢えてそうした)。 後述の目的のためか、天界のはみだし者などから自衛を行うためか、護身術などもたしなんでいるようで、神器が扱いづらい近距離でも地獄界の住人とある程度渡り合えるほどの体術と、ロベルトと対抗できるだけの素養を持った参戦者をいち早く見抜く観察眼を持ち合わせている。 そんな面倒くさがり屋な彼でも、「地獄人の守人の一族の末裔たち」のとらわれた運命を解放したいという願いがあった(神様が直接手を出せないのは、過去の抗争から『天界と地獄界は自由に出入りできない』という協定を結んだため)。さらに、「空白の才」を狙っていることも懸念して、それをどうするか悶えていたところ、ストレス発散に人間界のディスコへ行こうと舞い降りる(当時の時代背景から バブル景気 ニドナツ イラスト 植木春子 をナンパ男たちに自身のファッションをバカにされて一掃。これが縁で彼女に一日振り舞わされることになるが(ボーリング場で 「神」名義で行っていることから、「神(かみ、じん)」が本名ではないのか?

タグ - Tags The Law of Ueki うえきの法則 福地翼. 火野国中学一年の13歳で、7月4日生まれのA型。 後に人間ではなく、天界人である事が明らかになる。 普段はボーっとしているが、要所では自己を顧みず正義を貫く。 その理由は、幼い頃小林に助けられ、そのときから彼のような人間になりたいと思ったからである。 彼の言う正義とは、ロベルトの「人間は弱虫で臆病だ」という言葉に対する反論の「人間は弱いかもしれない、でも他人の為に自分の中の弱さに打ち勝って強くなれる」ことである。 その言葉通り危機に陥った他人に対しては、例えその瞬間戦っていた敵ですらも、自分の危険を顧みず助けてしまう。 途中で勉強の才を失ったにもかかわらずバトルのセンスには目を見張るものがある。 しかし、その性格ゆえに、正義の為に才が失われることも厭わず能力を使い、よく才を減らしてしまう。 他の能力者が何十、何百と才を持っている中、植木の才は当初から10前後という圧倒的に不利な状況であった為、ほかの能力者から弱くみられ、よく狙われた。 また、植木が先天的に持っていた才(例えば走りの才)を失ったとしても、努力でそれを補おうとしていて、それも一種の才かもしれない。 有する能力は「ゴミ」を「木」に変える能力。 出せる木は植木のイメージによって様々な種類、形状になる。 また、植木の神器は能力と一体化した「木の神器」であるが、植木の能力はゴミを木に変えるだけでなく、その木の一部をゴミにしてまた木にできると言う特性を持ち、他のAをBに変える一方通行の能力とは違いサイクル(アニメではリサイクルと呼ばれた)している。 その為、神器は通常一度に一つしか出せないのに対し、この木の神器は手の中で一つのゴミから生まれた神器をゴミとして別の神器を出すという方法で複数同時に出すことが出来るという特徴を持つ。 絶え間ない努力の果てにレベル2に到達、BをAに変えるサイクルを相手の能力にも及ぼすことで、木に相手の能力を元に戻す超能力=リバース(回帰)を付属させる事ができるようになる。 自分が出した木にさえ触れさせられれば、どんな能力もAに戻すことが可能。 非常に有用であるが、習得した時期があまりにも遅かったため劇中でも数回しか使用されなかった。 限定条件:両掌で覆える大きさのゴミだが、実際にはゴミでなくとも、本人がゴミと認識したものなら何でもよい。.

稲穂中学3年で、2月6日生まれのO型。 メンバーで唯一関西弁をしゃべる。左目の火傷は4歳の時に間欠泉を掘っていた時に出来たもの。 自分の温泉を掘り当てるための「発掘の才」を求めて参戦。 当初は犬丸の戦いへの勧誘を拒んでいたが、偶然出会わせた火事場で、中に取り残された子供を助けるために飛び込み、自身も炎に周りを囲まれてしまったとき、犬丸に助けられ、犬丸も自分と同じ、困っている人を放っておけない性分の持ち主だと知り、戦いへの参加を決意する。本作での人気キャラの一人。 植木とは平丸男(植木のバトル初戦の相手)戦において知り合った。当初は植木と平の戦いを静観するつもりだったが、ルールを破って平に協力・植木を倒そうとしたラファティ(平を担当する神候補)に怒り参戦、平の技から植木を助けたうえ、さらなるラファティの反則によって逆に窮地に陥るが、それでも植木を庇って平の攻撃から守ろうとした。 最終的には植木に助けられ、平を倒した後腹の減った植木に食べ物をあげるなど、彼なりの謝礼をしていた。その後引っ越すことになり、一度大阪に戻った。 有する能力は「手ぬぐい」を「鉄」に変える能力。 鉄に変える前に、手ぬぐいの形状をある程度変えることにより、「ブーメランカッター」「鉄槍」「鉄発条(スプリング)」などの技を使う。 彼のバトルにおける持論は「バトルの勝ち負けは能力の強さではなく、どんな工夫をするかで決まる」であり、決して強いとは言えない能力を、創意工夫で生かして自分の能力以上の相手とも互角に渡りあっていた。 レベル2に到達した彼は鉄に磁力を与える超能力=超磁力を得る。 限定条件:息を止めている間。.

FAIRY TAIL. 2 ……! Prev 1 2 3 増田貴久 pixiv 5 6 Next. "" 13. 176068. 155O 2 10m 20. - Tags The Law of Ueki うえきの法則 犬丸 セリフ. Home 3.

Home アニメ・漫画(マンガ) うえきの法則(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ 3ページ目. 稲穂中学3年で、2月6日生まれのO型。 メンバーで唯一関西弁をしゃべる。左目の火傷は4歳の時に間欠泉を掘っていた時に出来たもの。 自分の温泉を掘り当てるための「発掘の才」を求めて参戦。 当初は犬丸の戦いへの勧誘を拒んでいたが、偶然出会わせた火事場で、中に取り残された子供を助けるために飛び込み、自身も炎に周りを囲まれてしまったとき、犬丸に助けられ、犬丸も自分と同じ、困っている人を放っておけない性分の持ち主だと知り、戦いへの参加を決意する。本作での人気キャラの一人。 植木とは平丸男(植木のバトル初戦の相手)戦において知り合った。当初は植木と平の戦いを静観するつもりだったが、ルールを破って平に協力・植木を倒そうとしたラファティ(平を担当する神候補)に怒り参戦、平の技から植木を助けたうえ、さらなるラファティの反則によって逆に窮地に陥るが、それでも植木を庇って平の攻撃から守ろうとした。 最終的には植木に助けられ、平を倒した後腹の減った植木に食べ物をあげるなど、彼なりの謝礼をしていた。その後引っ越すことになり、一度大阪に戻った。 有する能力は「手ぬぐい」を「鉄」に変える能力。 鉄に変える前に、手ぬぐいの形状をある程度変えることにより、「ブーメランカッター」「鉄槍」「鉄発条(スプリング)」などの技を使う。 彼のバトルにおける持論は「バトルの勝ち負けは能力の強さではなく、どんな工夫をするかで決まる」であり、決して強いとは言えない能力を、創意工夫で生かして自分の能力以上の相手とも互角に渡りあっていた。 レベル2に到達した彼は鉄に磁力を与える超能力=超磁力を得る。 限定条件:息を止めている間。.

神様 うえきの法則. FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ.

1212.

  • Hachiro 15.09.2021 13:41

    ファンキーファッションとその態度から、「本当に神様なのか?」と疑われるほどの物臭ぶりを露わにしているが、実は30歳の時、先代の神から自身の才能に肩入れされて神に就任したという経歴を持つ。 偽マーガレット いわく、「歴代の神の中で策略家にしてお調子者」とのこと。また、能力者バトルの主催者だけあって、万が一に死亡者を出さないために「天界人の参加」を保険の意味で数人参加させることを黙認したり、 ロベルト・ハイドン の削られた寿命を元に戻す能力を兼ねていることからも抜け目がない。ただ、自身がスカウトした神候補がルールを破り地獄に落ち、残された能力者の神候補の補充に苦労するところを見落としていたことが欠点だったが、植木の提案で「地獄に落ちた神候補を獄中で再度復帰させる」という意見を受け入れ、特例により、犬丸を佐野清一郎の神候補として存続させたなど、柔軟性がある(実は地獄に落ちた神候補たちの中から一人神にならなければ全員死刑という末路が待ち受けているため、敢えてそうした)。 後述の目的のためか、天界のはみだし者などから自衛を行うためか、護身術などもたしなんでいるようで、神器が扱いづらい近距離でも地獄界の住人とある程度渡り合えるほどの体術と、ロベルトと対抗できるだけの素養を持った参戦者をいち早く見抜く観察眼を持ち合わせている。 そんな面倒くさがり屋な彼でも、「地獄人の守人の一族の末裔たち」のとらわれた運命を解放したいという願いがあった(神様が直接手を出せないのは、過去の抗争から『天界と地獄界は自由に出入りできない』という協定を結んだため)。さらに、「空白の才」を狙っていることも懸念して、それをどうするか悶えていたところ、ストレス発散に人間界のディスコへ行こうと舞い降りる(当時の時代背景から バブル景気 を連想させるものだった)。そのような折、建立間もない火の国中学の生徒であった 植木春子 をナンパ男たちに自身のファッションをバカにされて一掃。これが縁で彼女に一日振り舞わされることになるが(ボーリング場で 「神」名義で行っていることから、「神(かみ、じん)」が本名ではないのか? 本作のマスコットキャラクター。人間の年齢で言うと17歳だが実際の年齢は60万歳を超えている(正確には68万歳)。突然変異によって先祖返りを起こしており、品種改良される前の天界獣の、巨大な姿をしている。 天界人を食べたという罪で数十万年の間地獄の監獄で過ごしていたが、コバセンの策略により脱走し植木と出会い、彼に説得されて友達となり、本来持っていないはずの「覚醒臓器」の力で植木の「星」を上げるなどのサポートするようになった。 普段は小手のような形になって植木の腕に付いており、その際は大きさに合わせて小型の獣の姿の上半身で現われる。 かつては天界人の役に立てることを誇りに思っていたが、成長するに従い巨大になっていく姿を疎まれるようになり、遂には転んだ少年を助けようとしたところを襲ったと誤解され捕縛、天界人を食べたという冤罪を着せられて地獄に投獄されてしまっていた。 そのため、植木以外の天界人は皆嫌い。 十団との連戦で倒れた植木を守り、敵の能力(隕石)を受けた際に右の角が折れてしまっている。 戦いの後は冤罪が晴れ、生き残っていた古代天界獣たちと天界で暮らしている。 猫舌のくせに、牛丼や焼き芋のような熱い食べ物ばかりを好む。.