黒子嫌われ キセキ味方 pixiv

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

と嫌な音が部室内を包みました。あまりにいきなりだったので皆も呆気にとられていましたが、我に返ったものは直ぐに僕に向かって罵倒、罵倒、罵倒。 「最低だな!」「謝れ!」「死ね!」「もう学校に来んな!」などなど他にも盛り沢山な罵倒の嵐。 その中で彼女は恐る恐る僕を怖がるように振り向くと、誰にも見えない角度で僕に微笑みかけた。 あの笑顔は今でも忘れられません。女性ってあんな笑い方も出来るんですね。まるで悪魔のようで恐ろしかったです。鳥肌が立ちましたよ。 僕は頬の痛さや信じてくれなかった事へのショックでただ俯いて皆からの罵倒に耐え抜くしかなかった。[newpage]部室が僕への罵倒で埋め尽くされている中一人、よく通る声が響いた。 「うるさいぞ、こんな事をしている暇があるのならさっさと戻って練習をしていろ、怠けている奴がいたら…分かっているな?…青峰、紫原、緑間はその女を保健室へ、さぁ、早くしろ」 赤司君に言われて皆は渋々動き出した。だが、キセキの三人は遅れて動き出したがそれぞれ、ご丁寧に僕に残していった言葉。 「黒ちんさいてーキモいから、寄らないでね」 「黒子、見損なったのだよ、女に手を出すなんて最低にも程があるのだよ」 「テツ…お前はもう…俺の相棒でも何でもねぇ…ただのクズだ」 三人の言葉か刃の様に鋭く、僕に刺さった。.

桃井ホイホイ ももいほいほい.

身体能力は ありえないほど低い 。スタミナも無く、練習中にもよくのびている。更に、 リコ の分析によると、現時点で既に限界値近くまで鍛えてしまっているので、今後の大幅な向上も期待できない。バスケの技術も「ドリブル、シュートは素人に毛が生えたようなもん( 火神 談)」で、フリーにも関わらずレイアップシュートを外すほど。1on1なら相手が普通レベルの選手であれば、まず間違いなく負けるであろうレベルで、 要するにめちゃめちゃ弱い 。 だが、自らの存在感の薄さと、持ち前の観察眼を利用して「 視線誘導(ミスディレクション) 」という手法(後述)を使い、パスの中継役となり、華麗なスティールとパスワークでチームを得点に導く。 彼の技術はほとんどがそういった 連携及びサポートに特化したスタイル であるため、中学時代もチームメイトからは「自分達とは異質な強さ」と認識されていた。 赤司 が興味を持ったのも、黒子は運動能力は低いが運動神経は悪くなく、頭も悪くなくスポーツIQはむしろ高い、キャリアも練習量も十分経験者と呼べるのに、それに見合う実力が伴っていないという、スポーツ選手としての異質さに気付いたからである。 ただ……加速するパスや回転長距離パスを現実で使う場合相当な筋力および武術の心得が無いとまず不可能な上に、実際に受けた選手も例外なく「痛い!」と言う程なので、正直選ぶスポーツを間違えているような気がしてならない。.

ずっとこんな事をぐるぐると考えながら何も言わない 何も言うことが出来なくなる程混乱していたんですよ でいると彼女は特に気にしていないようで言葉を続けた。 「よかったぁ、黒子君が一人で来てくれて!何人かで来られるとめんどくさいからね!」彼女は嬉しそうに僕を見ながら「よかった、よかった」を連呼し、不意に彼女はその一見可愛らしい笑顔に何か企みを見せた。 何とか混乱を奥へ追いやりちょっと落ち着いた僕は声に怒りを乗せながら「どうしてこんなことを。何が目的なんですか?」と彼女を軽く睨み付けながら言った。[newpage]すると彼女は顔を俯かせて前髪の間からまるで僕に恨みがあるかの如く睨み返されて、 「黒子君さぁ…邪魔なんだよねぇ…そんなに上手くもないくせに一軍にしゃしゃり出てさぁ…バスケ部辞めてくんない?」 え?何言ってるのこの人、何で名前も知らないようなモブ子から邪魔って言われなきゃいけない、と言うより僕が一軍に居るのは赤司君から直々に決められたことですし、ということはこのモブ子、赤司君に喧嘩売ってますよね?命知らずな方だwww …と頭の中で沢山の疑問を抱えながらも「嫌です、僕はバスケも、一緒にプレイしている仲間も大好きなんです、何故初めて喋ったような貴女に言われなきゃいけないんですか?ともかく僕はお断りですね」と何の躊躇いもなく自信満々にキッパリ言い放った僕を彼女は更に憎悪の色を濃くさせまるで般若の如く睨み付けられながら、彼女は言った。「いや、無理にでも辞めてもらうわ、気に食わないの…男の癖にちやほやされてて…」 と言われましてもwww 「本当はちやほやされるのは私なのに…私は誰よりも可愛いの」 いや、貴女より桃井さんの方が断然可愛いし美人ですよ。勘違い乙www 「誰よりも可愛い私は皆に愛されないといけないの、勿論キセキにも…だけど、あんたがいたらダメなのよねぇ…」 何でそこに僕を入れる[newpage]「キセキはあんたにばっか構ってて…私を可愛いがらなきゃいけないのに!」 まず貴女を一軍マネで見かけた事がないんですが… 「…だから、辞めてもらうわ!あんたが辞めたら私は皆のお姫様よ!!

ずっとこんな事をぐるぐると考えながら何も言わない 何も言うことが出来なくなる程混乱していたんですよ でいると彼女は特に気にしていないようで言葉を続けた。 「よかったぁ、黒子君が一人で来てくれて!何人かで来られるとめんどくさいからね!」彼女は嬉しそうに僕を見ながら「よかった、よかった」を連呼し、不意に彼女はその一見可愛らしい笑顔に何か企みを見せた。 何とか混乱を奥へ追いやりちょっと落ち着いた僕は声に怒りを乗せながら「どうしてこんなことを。何が目的なんですか?」と彼女を軽く睨み付けながら言った。[newpage]すると彼女は顔を俯かせて前髪の間からまるで僕に恨みがあるかの如く睨み返されて、 「黒子君さぁ…邪魔なんだよねぇ…そんなに上手くもないくせに一軍にしゃしゃり出てさぁ…バスケ部辞めてくんない?」 え?何言ってるのこの人、何で名前も知らないようなモブ子から邪魔って言われなきゃいけない、と言うより僕が一軍に居るのは赤司君から直々に決められたことですし、ということはこのモブ子、赤司君に喧嘩売ってますよね?命知らずな方だwww …と頭の中で沢山の疑問を抱えながらも「嫌です、僕はバスケも、一緒にプレイしている仲間も大好きなんです、何故初めて喋ったような貴女に言われなきゃいけないんですか?ともかく僕はお断りですね」と何の躊躇いもなく自信満々にキッパリ言い放った僕を彼女は更に憎悪の色を濃くさせまるで般若の如く睨み付けられながら、彼女は言った。「いや、無理にでも辞めてもらうわ、気に食わないの…男の癖にちやほやされてて…」 と言われましてもwww 「本当はちやほやされるのは私なのに…私は誰よりも可愛いの」 いや、貴女より桃井さんの方が断然可愛いし美人ですよ。勘違い乙www 「誰よりも可愛い私は皆に愛されないといけないの、勿論キセキにも…だけど、あんたがいたらダメなのよねぇ…」 何でそこに僕を入れる[newpage]「キセキはあんたにばっか構ってて…私を可愛いがらなきゃいけないのに!」 まず貴女を一軍マネで見かけた事がないんですが… 「…だから、辞めてもらうわ!あんたが辞めたら私は皆のお姫様よ!!

新規登録 ログイン. 黒子のバスケ~次世代のキセキ~ - 第53Q~天帝~ - ハーメルン 【黒子のバスケ】キセキに隠されたキセキ【BROTHERS. 小金井慎二 こがねいしんじ. 黒子っちマジ男前 くろこっちまじおとこまえ.

40. [newpage] …… ………. EXTRA GAME. SS - Duration: - Duration: 4G www.

  • 前のページ -. ずっとこんな事をぐるぐると考えながら何も言わない 何も言うことが出来なくなる程混乱していたんですよ でいると彼女は特に気にしていないようで言葉を続けた。 「よかったぁ、黒子君が一人で来てくれて!何人かで来られるとめんどくさいからね!」彼女は嬉しそうに僕を見ながら「よかった、よかった」を連呼し、不意に彼女はその一見可愛らしい笑顔に何か企みを見せた。 何とか混乱を奥へ追いやりちょっと落ち着いた僕は声に怒りを乗せながら「どうしてこんなことを。何が目的なんですか?」と彼女を軽く睨み付けながら言った。[newpage]すると彼女は顔を俯かせて前髪の間からまるで僕に恨みがあるかの如く睨み返されて、 「黒子君さぁ…邪魔なんだよねぇ…そんなに上手くもないくせに一軍にしゃしゃり出てさぁ…バスケ部辞めてくんない?」 え?何言ってるのこの人、何で名前も知らないようなモブ子から邪魔って言われなきゃいけない、と言うより僕が一軍に居るのは赤司君から直々に決められたことですし、ということはこのモブ子、赤司君に喧嘩売ってますよね?命知らずな方だwww …と頭の中で沢山の疑問を抱えながらも「嫌です、僕はバスケも、一緒にプレイしている仲間も大好きなんです、何故初めて喋ったような貴女に言われなきゃいけないんですか?ともかく僕はお断りですね」と何の躊躇いもなく自信満々にキッパリ言い放った僕を彼女は更に憎悪の色を濃くさせまるで般若の如く睨み付けられながら、彼女は言った。「いや、無理にでも辞めてもらうわ、気に食わないの…男の癖にちやほやされてて…」 と言われましてもwww 「本当はちやほやされるのは私なのに…私は誰よりも可愛いの」 いや、貴女より桃井さんの方が断然可愛いし美人ですよ。勘違い乙www 「誰よりも可愛い私は皆に愛されないといけないの、勿論キセキにも…だけど、あんたがいたらダメなのよねぇ…」 何でそこに僕を入れる[newpage]「キセキはあんたにばっか構ってて…私を可愛いがらなきゃいけないのに!」 まず貴女を一軍マネで見かけた事がないんですが… 「…だから、辞めてもらうわ!あんたが辞めたら私は皆のお姫様よ!!
  • テツナちゃんが嫌われるけど仕返しする話 5.

みんなのつぶやき作品

ショタ黒 しょたくろまじてんし. そう言って指切りをした 幼いころの僕達 あれからもう10年 きみはあの約束・・・ 覚えていますか? プロローグですっ! えーっとなんてゆうか 幼馴染との恋ってことです。黒子君が。 でそこにキセキの5人達もからん BLove ビーラブ は、投稿したBL小説・漫画・イラストなどの作品同士がつながるBL創作コミュニケーションサイトです。 黒子のバスケ~嫌われ~ 紫人さんが仲間になりました! 目を覚ますと、目の前には桃井さん、赤司くんがいました。. 黒子っちマジ男前 くろこっちまじおとこまえ.

黒子嫌われ 黒子のバスケ 【黒子嫌われ】これで. 小金井慎二 こがねいしんじ. 小 | 中 | 大 | キセキの世代。 バスケットボール超強豪校「帝光中学校」において名を超える部員達の頂点に立ち、「10年に1人の天才」と呼ばれた5人の選手たちのことである。 この小説をお気に入り追加 しおり 登録すれば後で更新された順に見れます. この小説をお気に入り追加 しおり 登録すれば後で更新された順に見れます 人がお気に入り 3年時は黒子が負傷欠場したため結局コートで顔を合わせることはなく、決勝戦でキセキの世代に弄ばれる形で惨敗する。この出来事により心を折られてバスケを引退し、黒子が明洸中を訪ねたころにはすでに転校していた。.

  • テツナちゃんが嫌われるけど仕返しする話 4.
  • と嫌な音が部室内を包みました。あまりにいきなりだったので皆も呆気にとられていましたが、我に返ったものは直ぐに僕に向かって罵倒、罵倒、罵倒。 「最低だな!」「謝れ!」「死ね!」「もう学校に来んな!」などなど他にも盛り沢山な罵倒の嵐。 その中で彼女は恐る恐る僕を怖がるように振り向くと、誰にも見えない角度で僕に微笑みかけた。 あの笑顔は今でも忘れられません。女性ってあんな笑い方も出来るんですね。まるで悪魔のようで恐ろしかったです。鳥肌が立ちましたよ。 僕は頬の痛さや信じてくれなかった事へのショックでただ俯いて皆からの罵倒に耐え抜くしかなかった。[newpage]部室が僕への罵倒で埋め尽くされている中一人、よく通る声が響いた。 「うるさいぞ、こんな事をしている暇があるのならさっさと戻って練習をしていろ、怠けている奴がいたら…分かっているな?…青峰、紫原、緑間はその女を保健室へ、さぁ、早くしろ」 赤司君に言われて皆は渋々動き出した。だが、キセキの三人は遅れて動き出したがそれぞれ、ご丁寧に僕に残していった言葉。 「黒ちんさいてーキモいから、寄らないでね」 「黒子、見損なったのだよ、女に手を出すなんて最低にも程があるのだよ」 「テツ…お前はもう…俺の相棒でも何でもねぇ…ただのクズだ」 三人の言葉か刃の様に鋭く、僕に刺さった。. Jスターズビクトリーバーサス にサポート専用として出演。 ミスディレクションで相手のターゲットを一瞬ボールのほうに移すかく乱役である。 Jアドベンチャーでもその存在感の薄さは健在で、 飛影 や忍者である ナルト の目も欺くほど。 星矢 からは「小宇宙 コスモ を感じ取れない」とまで言われている。 ベジータ には、試合前の掛け合いでもその存在感の薄さを指摘されている。 また、バレーの 日向 からはシューズでやるスポーツを間違えられてちょっとムッとしている姿が見られる。.

EXTRA GAME. JavaScript Javascript. 4wwwww if 10 33121 715 - [ 2] SBS やる夫wiki トゥルーデ. SS - Duration: - Duration: 4G www?

40 .

Pixivへようこそ

この小説をお気に入り追加 しおり 登録すれば後で更新された順に見れます 人がお気に入り 3年時は黒子が負傷欠場したため結局コートで顔を合わせることはなく、決勝戦でキセキの世代に弄ばれる形で惨敗する。この出来事により心を折られてバスケを引退し、黒子が明洸中を訪ねたころにはすでに転校していた。. 目次 [ 非表示 ]. 黒子のバスケ~次世代のキセキ~ - 第53Q~天帝~ - ハーメルン 【黒子のバスケ】キセキに隠されたキセキ【BROTHERS.

前のページ -.

SS - Duration: - Duration: 4G www. IH WC. … … .

みんなのつぶやき作品

真っ黒子様 まっくろこさま. 黒子のバスケ~次世代のキセキ~ - 第53Q~天帝~ - ハーメルン 【黒子のバスケ】キセキに隠されたキセキ【BROTHERS. 最弱の王が実は最強だった件 - Duration: 黒子と話していると機嫌が戻った赤司は、黒子の隣で黙っていた桃井に話しかける。 桃井は突然、赤司に話しかけられたことにより少し動揺しながら答えた。 「え、ええ」 「ならば、僕達の動きをくまなく撮るといい。 第三 八色キセキがイラスト付きでわかる! 七つの色に、もうひとつ。 概要 キセキの世代(黒子テツヤ、黄瀬涼太、青峰大輝、緑間真太郎、紫原敦、赤司征十郎)+桃井さつきの七色キセキタグに灰崎祥吾も加わった八人が描かれた作品に付けられるタグ。.

[newpage] ……… ……… … …… [newpage]… … …!. 4wwwww if 10 33121 715 - [ 2] SBS [9]. SS - Duration: - Duration: 4G www!

Pixivへようこそ

と嫌な音が部室内を包みました。あまりにいきなりだったので皆も呆気にとられていましたが、我に返ったものは直ぐに僕に向かって罵倒、罵倒、罵倒。 「最低だな!」「謝れ!」「死ね!」「もう学校に来んな!」などなど他にも盛り沢山な罵倒の嵐。 その中で彼女は恐る恐る僕を怖がるように振り向くと、誰にも見えない角度で僕に微笑みかけた。 あの笑顔は今でも忘れられません。女性ってあんな笑い方も出来るんですね。まるで悪魔のようで恐ろしかったです。鳥肌が立ちましたよ。 日向一族 うちは一族 「うるさいぞ、こんな事をしている暇があるのならさっさと戻って練習をしていろ、怠けている奴がいたら…分かっているな?…青峰、紫原、緑間はその女を保健室へ、さぁ、早くしろ」 赤司君に言われて皆は渋々動き出した。だが、キセキの三人は遅れて動き出したがそれぞれ、ご丁寧に僕に残していった言葉。 「黒ちんさいてーキモいから、寄らないでね」 「黒子、見損なったのだよ、女に手を出すなんて最低にも程があるのだよ」 「テツ…お前はもう…俺の相棒でも何でもねぇ…ただのクズだ」 三人の言葉か刃の様に鋭く、僕に刺さった。.

最弱の王が実は最強だった件 - Duration: 黒子と話していると機嫌が戻った赤司は、黒子の隣で黙っていた桃井に話しかける。 桃井は突然、赤司に話しかけられたことにより少し動揺しながら答えた。 「え、ええ」 「ならば、僕達の動きをくまなく撮るといい。 第三 八色キセキがイラスト付きでわかる! 七つの色に、もうひとつ。 概要 キセキの世代(黒子テツヤ、黄瀬涼太、青峰大輝、緑間真太郎、紫原敦、赤司征十郎)+桃井さつきの七色キセキタグに灰崎祥吾も加わった八人が描かれた作品に付けられるタグ。.

ショタ黒 しょたくろまじてんし.

4wwwww if 10 33121 715 - [ 2] SBS [9]. About Menu Service Contact.